株式会社タニハタ 組子製品 組子の主材料<杉・ヒノキ>について

お問い合せ English site English site

欄間 三種組分らんま 富山

HOME > 品質について > 組子の主材料<杉・ヒノキ>について

杉・ヒノキ

タニハタ組子の素材にする無垢材は主に杉とヒノキとなります。
杉材は、木目が鮮明で美しく、使うほど味わいがでます。
ヒノキは、世界で最も古い木造建築「法隆寺」に使用されている木材で耐久性もあり、日本人に長く愛されてきた木材です。

組子用木材 比較一覧表

  長所 短所 価格 空間
杉(地杉)
源平材
他の木材と比較して、木目が鮮明で使うほどに味わいがでる。
純和風の組子と相性がよく、製品にすると美しさが際立つ。
色みにばらつきがあり、色みを気にする空間の場合、使用は難しい。 淡紅色~赤褐色 ★★  
吉野杉
赤身のみ
地杉の長所に加えて木目が細かく均等。 吉野産の杉材(赤身のみ)は少量在庫のために、使用枚数が多い場合は完成までに時間がかかる。 淡紅色~赤褐色 ★★★ 純和風の空間に適している。
ヒノキ
(地ヒノキ)
源平材
他の木材と比較して、白木で使用しても日焼けが遅く耐久性が高い。
地檜(植林)としては木目が細かい。
なめらかな質感、高貴な香り、美しい木肌が特長。
組子用の良材となると市場にあまり出回っていないため高価。 淡白色~淡紅色 ★★ 新和風・洋風を意識したモダンな空間に適している。
木曽ヒノキ
源平材
地ヒノキの長所に加えて木目が細かく均等。 木曽産のヒノキは入手が困難なために、使用枚数が多い場合は完成までに時間がかかる。 淡白色~淡紅色 ★★★ 最高級の素材を必要とされている現場、神社仏閣の内装材に向いている。

杉

杉について

「日本の杉」の学名は「クリプトメリア・ジャポニカ」Cryptomeria japonica。「隠された日本の財産」 という意味になります。

この名称の由来のように「日本の杉」は縄文時代から使用されてきました。

杉は成長が早く60~80年位で成木になる木で、日本で最も多く植林されている木材でもあります。

日本には秋田、吉野、屋久島など有名な杉産地(地域品種)があります。
タニハタでは、富山~北陸地域の地杉(源平材)、および吉野地域の杉(赤身)を使用しております。

組子にする杉材の条件は(タニハタの場合)

  1. 木目がまっすぐに素直であること。
    節や白太、曲がりやすい「アテ」という部分は使用しません。
  2. 木目の詰んだ(細かい目)であること。
    これは大径木(太い木)からしか取ることができません。
    取れる部分も限られているため希少です。
  3. 色みが美しいこと。
    組子は塗装するのが難しく、無塗装仕様が基本となります。
    鉋をかけ光沢がでた状態のものを使用するために、色みの美しさが重要になります。

    杉の場合、特に色のばらつきがあります。
    ほんのり赤身がかかった色~薄めの茶色の杉を選んで使用します。
木目の美しい日本杉は、使用するほどに味わいがでてきます。
組子製品 杉材 日本一高い秋田杉日本一高い秋田杉
組子製品 杉材 秋田杉の森秋田杉の森

神代杉とは?

「神代杉」は地面の中に数百年から数千年埋まっていた杉です。
過去の火山噴火活動で地中または湖沼中に埋没し、奇跡的に腐敗しなかった貴重な木材です。
長い時間をかけて変色した神々しいまでの黒褐色の木肌は見るだけで威厳を感じさせます。

ヒノキ以上に希少価値が高く、市場にはほとんど出回っておりません。
特に色味の濃い「黒神代」は日本で最も高価な木材と言えます。

タニハタでもすでに在庫している量は少なく、大きな物件には対応できない状況になっております。

使用を希望される場合は予め、ご相談ください。
組子製品 神代杉神代杉で製作した欄間
上へ戻る↑

ヒノキ

ヒノキについて

耐久性・保存性が高いヒノキは古くから日本中の宮殿、寺院仏閣の材料として使用されてきました。
世界で一番古い木造建築「法隆寺」には1300年以上前のヒノキが今も使用されています。昭和の大修理の際、1300年以上経ったヒノキにかんなをかけたところ、新品のヒノキと同じ香りがしたそうです。なめらかで美しい質感、高貴な香り・色味は個人、業者を問わず多くの日本人を魅了する木材です。

タニハタでは、赤身(約7割)、白太(約3割)が混ざった岐阜産の源平材(紅白の色を意味します)と木曽産ヒノキ(源平材)の2種類、ご用意しております。<ヒノキ源平材>はコストパフォーマンスが良く、赤身と白太の色味の差が少ないので、組子の材料として最もおすすめです。

日本を代表するヒノキの産地は、「木曽」にあります。

映画「火天の城」では職人役の西田敏行が、織田信長に命じられて安土城築城に使う太い木曽ヒノキを探しにこの森に入りますが、当時は黙って木を切ると死罪になることから、「ヒノキ一本、首一つ」と言われたそうです。死にものぐるいで木曽ヒノキの良材を探している姿が印象的でした。

木曽ヒノキの平均樹齢280年(150年以上の天然林を指します)は、他の木材にはないその独特の香り、光沢、肌目の美しさを持ち伊勢神宮や出雲大社などの建築用材としても重用されています。

その貴重さから今も伐採規制、立ち入り禁止規制があり、組子用のヒノキは一般の木材市場には、ほとんど出回ってきません。

タニハタでは独自の木材ルートで、組子用のヒノキを確保・在庫しております。


木について知っていただきたいこと


ヒノキから取れる天然由来の成分をヒノキチオールと言います。
ヒノキチオールには強力な抗菌性があり、カビの発育を阻止しアトピー性皮膚炎などの症状を緩和できるとされています。
またその香りにはリラックス効果があり、実際にヒノキを加工すると、工場の中はヒノキの香りに包まれます。

工場見学に来られてその香りをかいだお客様は、口を揃えて「癒やされる」とおっしゃられます。
組子製品 木曽ヒノキ材
組子製品 木曽ヒノキ材 2014年6月木曽ヒノキの森にて2014年6月 木曽ヒノキの森にて

源平材とは?

木の断面、樹芯の周りの赤い部分を「赤身」と言い、外側の白い部分を「白太」と言います。
この赤身と白太が混ざった木材が源平材です。
源平という名前は、その昔、鎌倉時代に源氏が白旗、平家が赤旗を掲げて戦ったことに由来しています。

<ヒノキ源平材>は赤身と白太の色味の差が少ないので、組子の材料として最もおすすめです。
源平材の違い ヒノキの源平材 杉の源平材
木の種類
タニハタは組子製品の主材料を国産木材に切り替えます
- 100% made in Japanに向けて -

タニハタでは、組子の材料として使用してきた外国産木材の取り扱いを打ち切り、
2018年9月より、国産木材(ヒノキと杉)のみを主材料として使用いたします。

なぜ今、国産木材なのか?

2017年度、タニハタ組子の海外への販売比率は20%近くに達しました。
組子という「日本の伝統技術」が海外でも受け入れられるということは大変嬉しいことです。
その一方で、made in Japanの製品に海外の木材を使用することに少しずつ違和感を感じるようになってきました。
 戦後、植林した杉やヒノキは樹齢60~70年、今まさに木材としての旬を迎え
組子材料に適した良材が手に入るようになってきました。
価格も以前に比べて手頃となり、お客様への負担が少なくなってきたことも
今回、材料国産の使用に踏み切った理由のひとつです。
 また、杉やヒノキなどの国産木材を使用することで、適切な日本の森林管理につながります。
結果として、近年、多くの方を悩ませている「花粉症」の解決や
大雨による土砂災害などを防ぐことにもつながると考えられます。

 タニハタでは、国産材を1本でも多く使用して、国内の木材業界活性化の一助となるよう努力してまいります。
日本の国土における森林率は実に7割。「木の国日本」の材料を積極的に使用し、
海外のお客様にも胸を張って、「100% made in Japan」と言える製品をつくっていきたいのです。
 
 組子を本当の意味で「世界に誇る日本の木工技術」とするため、
何卒ご理解いただけますようお願いいたします。
上へ戻る↑

HOME > 品質について >組子の主材料<杉・ヒノキ>について

 サイト内検索   www検索

製品 Kumiko Design List

組子欄間 間仕切り 店舗 タニハタ
店舗・ホテルなどの大空間に自由度の高い組子
麻の葉ちらし
和文様の定番「麻の葉」を散らした幻想的な組子
組子障子 引き戸 格子戸 タニハタ
日本の伝統的文様を散りばめた格子の引き戸
美術組子 組子 タニハタ
各種文様を織り交ぜて製作するカスタムメイド

文様デザイン Kumiko Design List

文様デザイン 麻の葉
麻の葉
文様デザイン 胡麻
胡麻
文様デザイン 桜
桜
文様デザイン 蜀江
蜀江
文様デザイン 紗綾形くずし
紗綾形くずし
文様デザイン 井筒割菱
井筒割菱
文様デザイン 帝つなぎ
帝つなぎ
文様デザイン 三重菱
三重菱
文様デザイン 千本格子
千本格子
文様デザイン 枡格子
枡格子
文様デザイン 青海波
青海波
文様デザイン 七宝
七宝
文様デザイン 角麻
角麻
文様デザイン 竜胆
竜胆
文様デザイン 籠目
籠目
文様デザイン 三つ組手
三つ組手
文様デザイン 分銅輪つなぎ
分銅輪つなぎ
文様デザイン 積石亀甲
積石亀甲
組子文様デザイン比較 一覧
お客様の地域・空間・想いに合わせたデザイン 全18種
ミニ組子
ミニサイズで仕上げた自由度の高い組子

Information

タニハタ組子の特長
タニハタ組子の特長
環境と共に歩むモノづくり
環境と共に歩むモノづくり
Facebook
Facebook
納入実績
納入実績
ブログ 職人の日々
tanihata's Blog

Contents

お問い合せ
お問い合せ
資料請求
資料請求
業者会員様ページ
業者会員様ページ
東京・神戸ギャラリー見学 富山工場見学 製作体験
東京・神戸・富山
ギャラリー見学
タニハタの登録商標 「麻の葉マーク」
タニハタの登録商標
「麻の葉マーク」
書籍 世界に響け職人の心意気 谷端信夫著
BOOK
特注品 オーダーメイド オリジナル仕様 デザイン
TANIHATA

Copyright (C) 2012 TANIHATA. All Rights Reserved.