2017ミラノサローネ – ミラノデザインウィークへ イタリア 視察1   タニハタのブログ 組子職人の日々

お問い合せ English site English site

欄間 三種組分らんま 富山

HOME > タニハタBLOG トップ > タニハタからのお知らせ > 2017ミラノサローネ – ミラノデザインウィークへ イタリア 視察1

欄間 Blog 職人の日々

2017ミラノサローネ – ミラノデザインウィークへ イタリア 視察1

毎年4月にイタリア・ミラノで開催される、世界最大規模の家具見本市「ミラノサローネ 国際家具見本市」に行ってきました。期間中は、ミラノ郊外で開催されているミラノサローネ以外にもミラノ市内で数多くのデザインに関する展示会(フォーリサローネ)が開催されています。

最近では、ミラノサローネとフォーリサローネを合わせて「ミラノデザインウィーク」という名称で呼ばれており、期間中は100万人規模の人々で賑わう世界最大規模のデザイン祭典となっています。

タニハタでもヨーロッパからデザイン組子の引き合いが増えており、世界のトップデザインの傾向を知るために若手職人達と共にミラノまで行ってきました。

(今回視察に行った職人は、谷端、黒田と酒井です。)

  • ミラノサローネ 国際家具見本市

初日は、ミラノ郊外ロー市にある見本市会場・Rho Fiera Milano(ロー・フィエラミラノ)に行ってきました。

2017ミラノサローネ開場

朝9時30分開場とともに人がなだれ込みます。。
人混みの先が見えないくらい広い会場。

 

やはり家具デザインといえば「椅子」。

2017ミラノサローネ 光る椅子

見ているだけで楽しくなってきます。日本からも椅子のメーカーがたくさん出展していました。

ミラノサローネ2017 椅子

ヨーロッパは展示の仕方にも遊び心が感じられますね。

組子の幾何学模様のようなデザインも多かったです。
ミラノサローネ 展示品

面材に青海波の文様が。。

一見、組子かと思いました。 よく見ると紐!

最近流行の「IOT~ Internet of Things」という言葉は我々のような木工業界には関係ないかなぁと思っていましたが、岐阜から出展されている「飛騨産業」さんの製品をみて目から鱗が落ちました。。

何の変哲もない木の桟から光のメッセージが・・・。展示員の方の手元にあるタブレットからすぐにメッセージの内容を送ることができるようです。いつも決まったメッセージを流すのではなく、来訪者に合わせてメッセージの内容を瞬時に変えることができます。ホテルなどのウエルカムボードにいいですね。

 

——————————————————
■フォーリサローネ
二日目は、ミラノ市内フォーリサローネや市内の建築物を見てまわりました。

最初に・・日本でも名前が知られている佐藤オオキさん率いる「nendo」。

オープン前の朝9時に行きましたが、すでに長蛇の列。。Newsweek誌「世界が尊敬する日本人100 人」に選ばれている方だけあり日本人以外の方も多く並んでいました。

展示内容については正直、全く予備知識がないままに入ったので、最初は「??」だったのですが中に入って進んでいくうちに、その世界にどんどん引きこまれました。

水槽の中の花瓶。 現物は、ユラユラ・・プクプク生き物のように動きます。

この世界に引きこまれました。なぜか昔遊んだ近所の原っぱを思い出しました。中で歩いている人達もデザインとして変わり続けるのですね。

ひとつのデザインだけ見ていると「?」ですが、全体を通してみるとデザインが動き出します。すごい!

見る側、時間、位置によってもその印象が変わるデザイン。。

やはり自分の足でこういう展示会は見てまわるものですね。痛感しました。

佐藤オオキさん 今回のデザインウィークで一番印象的な展示でした。

■レクサス

レクサスのクールな世界感を「空間」で表現するとこんな感じなのですね。

闇の中に研ぎ澄まされた光が割り込み、その光が時間とともに大きく変化していく様子が、とても面白いと思いました。 日本が誇る「陰影礼賛」の新しい表現方法でしょうか。組子の世界にも通用するところがあり大変参考になりました。

■パナソニック

大手電機メーカーらしくお金がかかっているなぁ・・という印象でした。西陣織やお香、茶筒など京都の工芸家達とコラボしておられました。音響や香り、照明など五感を刺激する演出はとても迫力もあり、洗練された和の映像もとても良かったと思います。
ただ、同じ大手でもレクサスの展示は過去と現在、未来の線でブランドが繋がっていたので納得しましたが、パナの場合はどうなのでしょうか? レクサスがトヨタから離れてブランドを立ち上げたように、パナもそういう必要があるのでは?

大手電機メーカーと伝統工芸。

今回だけの花火的なイメージPRではなく、これからも未来に向けて本気で継続していってもらいたいと思った次第です。プロトタイプからぜひ製品販売を。
ここのブースは「ベストストーリーテリング」賞を取られたようですね。
おめでとうございます。

ミラノ・トリエンナーレ内ではいろいろな試みが行われていました。

日本からもいろいろな製品が展示されていました

岐阜から関の刃物や美濃和紙が出展。スイスのデザイナーとコラボして新しい日本刀を展示されていました。

展示会場をみて気になったことがあります。それは日本から出展している企業の多くが、<白の床、天井、壁>ほとんど白で内装を統一しているブースが多いこと。。

少し偏りすぎていないかなぁと途中で感じた次第です。
確かに展示しているものを明確に引き立てる色であり、日本らしい潔い色ではあるのですが。。 シンプルすぎるかも。。

一方、海外の展示ブースは色づかいが多く、どことなく見ていて楽しい。

う~~ん ・・ こういうお祭り的なイベントでみるから疑問に思うのだろうか。。
ちょっと疲れ気味ですが、翌日は、コモ湖まで足を伸ばしました。

この記事のトラックバック用URL

コメントを残す

*が付いている欄は必須項目です

プロフィール

株式会社タニハタ 代表取締役社長 谷端信夫

代表取締役社長
谷端 信夫

株式会社タニハタは昭和34年に谷端組子店として創業しました。
創業以来、組子一筋でやってきました。モノづくりを極めようとする職人集団のブログです。
タニハタの歴史

最新のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2017年4月
« 3月   5月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

facebook

HOME > タニハタBLOG トップ > タニハタからのお知らせ > 2017ミラノサローネ – ミラノデザインウィークへ イタリア 視察1

 サイト内検索   www検索

製品 Kumiko Design List

組子欄間 間仕切り 店舗 タニハタ
店舗・ホテルなどの大空間に自由度の高い組子
麻の葉ちらし 組子 タニハタ
和文様の定番「麻の葉」を散らした幻想的な組子
組子障子 引き戸 格子戸 タニハタ
日本の伝統的文様を散りばめた格子の引き戸
美術組子 組子 タニハタ
各種文様を織り交ぜて製作するカスタムメイド

文様デザイン Kumiko Design List

文様デザイン 麻の葉
麻の葉
文様デザイン 胡麻
胡麻
文様デザイン 桜
桜
文様デザイン 蜀江
蜀江
文様デザイン 紗綾形崩し
紗綾形くずし
文様デザイン 井筒割菱
井筒割菱
文様デザイン 帝つなぎ
帝つなぎ
文様デザイン 三重菱
三重菱
文様デザイン 千本格子
千本格子
文様デザイン 枡格子
枡格子
文様デザイン 青海波
青海波
文様デザイン 七宝
七宝
文様デザイン 角麻
角麻
文様デザイン かさね竜胆
竜胆
文様デザイン 籠目
籠目
文様デザイン 三つ組手亀甲
三つ組手
文様デザイン 分銅輪つなぎ
分銅輪つなぎ
文様デザイン 積石亀甲
積石亀甲
組子文様デザイン比較 一覧
お客様の地域・空間・想いに合わせたデザイン 全18種
ミニ組子
ミニサイズで仕上げた自由度の高い組子

Information

タニハタ組子の特長
タニハタ組子の特長
環境と共に歩むモノづくり
環境と共に歩むモノづくり
Facebook
Facebook
納入実績
納入実績
ブログ 職人の日々
tanihata's Blog

Contents

お問い合せ
お問い合せ
資料請求
資料請求
業者会員様ページ
業者会員様ページ
東京・神戸ギャラリー見学 富山工場見学 製作体験
東京・神戸・富山
ギャラリー見学
「ねこ脱走防止とびら」販売窓口について
タニハタの登録商標
「麻の葉マーク」
書籍 世界に響け職人の心意気 谷端信夫著
BOOK
特注品 オーダーメイド オリジナル仕様 デザイン
TANIHATA

Copyright (C) 2012 TANIHATA. All Rights Reserved.

お支払方法