地元の木材を使っての組子製作につきまして   タニハタのブログ 組子職人の日々

お問い合せ English site English site

欄間 三種組分らんま 富山

HOME > タニハタBLOG トップ > タニハタからのお知らせ > 地元の木材を使っての組子製作につきまして

欄間 Blog 職人の日々

地元の木材を使っての組子製作につきまして

「地産地消」という考え方が浸透して建築業界も極力、設置する地域の木材を使って家を建てよう、という大きな動きがあります。
当社にも「地元の木を使って組子を製作してもらえないか?」というお話しを一ヶ月に1~2件ほどいただきます。
組子の材料は、家を建てる木材などと違い、木を薄く挽き割るためにかなり厳選した木を使わないと納入した後でも品質に問題がでてくることがあります。(特に反りやねじれなど発生することがあります。)

当社では富山、吉野、長野、岐阜の組子用木材を常備在庫しておりますが、それ以外の地域の木材を使って製作する場合は組子に適した木材を探す時間が必要になります。
杉材は比較的手に入りやすいですが、組子用のヒノキ材入手は難しいです。)

また、材料を仕入れてもその状況により最低4~5ヶ月木を乾燥させる必要があります。

上記の理由から「地元の木を使って組子を製作してもらえないか?」というお問い合わせをいただいた場合は、1 杉材ならば可能  2 注文してから最低4ヶ月ほどかかる とお答えしております。

予めご了承のほどよろしくお願い申し上げます。

※写真は福井県に納入する組子になります。福井産の杉材でご指定いただき現在製作しております。

この記事のトラックバック用URL

コメントを残す

*が付いている欄は必須項目です

プロフィール

株式会社タニハタ 代表取締役社長 谷端信夫

代表取締役社長
谷端 信夫

株式会社タニハタは昭和34年に谷端組子店として創業しました。
創業以来、組子一筋でやってきました。モノづくりを極めようとする職人集団のブログです。
タニハタの歴史

最新のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2020年5月
« 4月   6月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

facebook

HOME > タニハタBLOG トップ > タニハタからのお知らせ > 地元の木材を使っての組子製作につきまして

 サイト内検索   www検索

製品 Kumiko Design List

組子欄間 間仕切り 店舗 タニハタ
店舗・ホテルなどの大空間に自由度の高い組子
麻の葉ちらし 組子 タニハタ
和文様の定番「麻の葉」を散らした幻想的な組子
組子障子 引き戸 格子戸 タニハタ
日本の伝統的文様を散りばめた格子の引き戸
美術組子 組子 タニハタ
各種文様を織り交ぜて製作するカスタムメイド

文様デザイン Kumiko Design List

文様デザイン 麻の葉
麻の葉
文様デザイン 胡麻
胡麻
文様デザイン 桜
桜
文様デザイン 蜀江
蜀江
文様デザイン 紗綾形崩し
紗綾形くずし
文様デザイン 井筒割菱
井筒割菱
文様デザイン 帝つなぎ
帝つなぎ
文様デザイン 三重菱
三重菱
文様デザイン 千本格子
千本格子
文様デザイン 枡格子
枡格子
文様デザイン 青海波
青海波
文様デザイン 七宝
七宝
文様デザイン 角麻
角麻
文様デザイン かさね竜胆
竜胆
文様デザイン 籠目
籠目
文様デザイン 三つ組手亀甲
三つ組手
文様デザイン 分銅輪つなぎ
分銅輪つなぎ
文様デザイン 積石亀甲
積石亀甲
組子文様デザイン比較 一覧
お客様の地域・空間・想いに合わせたデザイン 全18種
ミニ組子
ミニサイズで仕上げた自由度の高い組子

Information

タニハタ組子の特長
タニハタ組子の特長
環境と共に歩むモノづくり
環境と共に歩むモノづくり
Facebook
Facebook
納入実績
納入実績
ブログ 職人の日々
tanihata's Blog

Contents

お問い合せ
お問い合せ
資料請求
資料請求
業者会員様ページ
業者会員様ページ
東京・神戸ギャラリー見学 富山工場見学 製作体験
東京・神戸・富山
ギャラリー見学
「ねこ脱走防止とびら」販売窓口について
タニハタの登録商標
「麻の葉マーク」
書籍 世界に響け職人の心意気 谷端信夫著
BOOK
特注品 オーダーメイド オリジナル仕様 デザイン
TANIHATA

Copyright (C) 2012 TANIHATA. All Rights Reserved.

お支払方法