タニハタブログ Blog

組子らんまを作る会社<タニハタ>の日々の出来事、その思いをブログで綴ります。

組子製品の在庫販売につきまして

組子製品は元来、住宅の和室建具(欄間、書院障子)に使われてきた小さな木工技術です。タニハタでは13年前から大空間の商業施設にも使用していただけるよう仕様、デザインの改良を施し、ホテルや空港、レストランなどの商業施設にも多数組子欄間を納めてまいりました。

納入先の50%以上を占めるようになった商業施設の現場ですが、住宅現場に比べて納期がないケースが多く、昨今のコロナ禍により「納期10日ほどで製品を届けてもらえないか?」というお問い合わせをいただくことが増えました。

タニハタではお客様のご注文を受けてから製作を開始する「受注生産システム」を採用しており在庫品は持たないというスタンスでやってまいりましたが、少しでもお客様のご要望にお応えしたい、という考えから下記の製品に関しましては半製品で在庫を行うことといたしました。
下記製品に関しましてはご注文を受けてから(枠材を付けて)約10日ほどで出荷可能です。
尚、ご注文時「納期を急いでほしい」というご要望がない場合は、通常どおりの納期対応になりますのでご注意ください。

組子らんま 麻の葉 TN-101   材質:ヒノキ 源平材

組子細工 麻の葉 文様

組子らんま 三つ組手 TN-116  材質:ヒノキ 源平材

組子 みつくで 亀甲

どれも1200ミリ×2400ミリ以内のサイズになります。
上記を超えるサイズは、従来通りの納期になります。

ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせくださいませ。

フリーダイアル 0120-41-2872

お問い合わせページ https://www.tanihata.co.jp/contact/contact.htm