歴史 History

組子づくりに全身全霊をそそぐ
谷端組子店 創業当時 組子職人達 タニハタ
父・敏夫 前列右端 1956年頃

私の父である先代・谷端敏夫(2006年3月逝去 享年73歳)が、組子の道に入ったのは23歳の時(1956年)でした。

富山市の狩野木工所で建具見習いをしていた時期、当時の親方から「お前は細工仕事が向 いている。その性格を生かさないともったいない」というアドバイスを受け、5年間勤め上げた後、埼玉県浦和市にある建具工芸研究所へ弟子入りしました。
当時、組子職人になるには中学を出てすぐ修行を始めるのが一般的。20歳半ばからの遅いスタートになった父は「組子づくりに全身全霊を注いだ」という努力を積み重ね、1959年、富山へ帰郷後26 歳で「谷端組子店」を開業しました。
当時まだ「組子」という仕事が知られていなかったために、「組子さんという女性が社長ですか?」と人からよく聞かれたそうです。

タニハタの歴史 富山市創業当時

商売を始めた当時は車も機械もない。「仕上がった建具はリヤカーやバスでよく運んだちゃ。さすがに満員バスのときは大変だったよ。」「夜なべ仕事して疲れてカンナクズの上でよく寝た。 結構カンナクズのベッドは暖かいんだよ。」 「若くて信用が無かったから銀行からお金を借りることができず材木の支払いが出来なかった。当時面倒見てくれた人のありがたさは忘れんちゃ。」
「機械場の柱に小さなあんたをヒモでくくりつけて、 どこかへ行かないようにしながら仕事しとった。今なら虐待しているっていわれるだろうね。」
私が小学生の頃、笑いながら話してくれる父と母の姿を見て私は無意識のうちに跡を継ぐ決意をしていました。


全国建具展示会 内閣総理大臣賞受賞 タニハタ 組子

父が44歳の時、転機が訪れます。1年に1度開催されている全国建具展示会で最高賞である「内閣総理大臣賞」を受賞したのです。(1977年)
北陸では初の受賞だったこともあり、「組子のタニハタ」の名前は業界に一挙に広がりました。仕事が急増、売上がどんどん増えました。「地の利」もあったとおもいます。富山県は全国でも持ち家率が常にトップクラス。住宅部材の見る目が非常に肥えている土地柄です。品質にこだわりを持つお客様に鍛えられて、技術はより向上していきました。

「とにかく、作るのが追いつかなくて大変だったよ。 全国から弟子入りしたい、という若い人も多くて断るのに大変だった」と当時を振りかえる父。(当店を卒業した組子職人は20人います。) 社員も20人ほどの会社になりながらも商品を売り込む営業マンは当社には一人もいませんでした。すべて口コミで仕事をとるシステムに他の業者からも羨ましがられました。
「建具屋は建築・住宅業界ではいつも見下されている存在。組子職人でもやればできるんだ、という気概を見せたかった。」父の跡を継いだ今になってその気持ち・気概がわかるようになりました。

そんな当社でしたが、1990年の中頃から売上が急激に落ち始めました。当時、東京で就職していた私はそんな事情を聞き帰郷し、家を継ぐ決心をしました。売上が大きく落ちた理由に、バブル経済が崩壊したこと、住宅の着工数が減少したことも挙げられますが、一番の理由は若い世代の「和室離れ」がありました。当時、北陸の家は和室中心の部屋づくりが主でした。それが「フローリングにカーテン、ソファ」という洋間中心の家づくりに変わっていったのです。

ハウスメーカーや工務店側も高価な和室を作るよりも安価な洋間のほうが売りやすいこともあり、需要側、 供給側の思惑が一致してあっという間に和室が無くなりました。和風向けの組子建具をしていた当社はその影響をまともに受け、昔からの取引先や同業者もこの頃たくさん倒産しました。営業マンがいない当社のような会社は売上回復の目処が全く立ちません。 「とにかく売上の回復をしなくては・・・」そんな状況から「洋風の間仕切組子」を試作して私は全国を回りました。

ホームセンター、百貨店、家具店、園芸店、通販業者、知名度の高い小売店、ハウスメーカーを飛び込み営業で回りました。急激に落ちた売上を回復するには大手との取引しかないとおもったからです。

朝、3時。車に試作品を載せて、ひとりで富山を出発。東京の有力店をとびこみ営業で回ったあと夜中の1 時に帰宅、翌日また、大阪に朝3時に出発するなど3年ほどそんな行動を毎週続けました。
今考えると異常な行動だったと自分でもおもいます。父が築きあげた会社を絶対につぶせないという強い思いがそんな行動をさせたのかもしれません。

商業施設向け組子欄間 インターネット販売 グッドデザイン賞受賞

体をこわしかけた私は、いつまでも無理な営業は続けられないと思い、2000年12月、ホームページを制作してインターネットでの販売に力を入れました。今でこそ建材製品のネット販売は当たり前になりましたが、当時はまだインターネットの黎明期。「ネットで組子製品なんて売れる訳ないよ。」といろいろな取引先から言われたのを今でも思い出します。

実際に、当初は売上が上がらない日々が続きましたが、2002年頃から徐々にネットでも数字が上がり始めました。2007年10月には「経済産業賞 IT 経営100選 最優秀企業賞」をいただくまでになりました。
昔からの「技術力」を核に、「IT」や「デザイン」のスキルを磨き、「売り先」「売り方」「作り方」を変えて経営形態を徐々に変化させていきました。

アート組子 海外販売 タニハタ デザイン

日本で「組子」の知名度が上がってくると、海外から組子製品の引き合いも少しずつ増えていきました。
2012年、タニハタで初めての海外展示会「ニューヨーク国際家具展」に出展。予想以上の反響に驚くと同時に、当社の足りない部分も痛感。帰国後すぐに英語サイトや海外向け英文カタログを制作し、海外展開を開始いたしました。
リッツカールトン、アップル、ツイッター、エルメス、スターバックスなど外資系企業の施設への納入実績も増えて、海外から直接富山まで工場見学に来られることも増えました。

また、イタリア、ドイツ、フランス、韓国、香港、シンガポールなど、海外へ行く機会も増えました。私ひとりが海外に行くのではなく、職人達と共に日本を出て、日本のものづくりの方向性について考え、いろいろなことを試し続けました。そんな動きをしているうちに、海外への売上は全体の2割近くを占めるようになりました。



気候変動問題 持続可能なものづくり


日本や海外のお客様からご注文をいただき、組子製品をご覧になった方から「日本の技術、意匠はすばらしい」 「ものを大切にする心を思い出した」「こういう日本の技術は残さなくてはいけない」などのコメントをいただくようになりました。
組子が売れない時期を経験してから約30年が経過し、私達の組子づくりは、いろいろな人達、取引先、地域、自然のお陰で成り立っていると感じるようになりました。そして、組子づくりで得たものを少しでもお世話になった人達や地域に還元したい、と思うようになりました。

2016年1月、タニハタで初めて「経営理念」を掲げました。それは「考えた」というより私達の体の中から自然に湧きあがってきた、という感覚のものでした。
次世代の子供達のために、日本人が長い時間をかけて培ってきた大切なものを忘れずに、気概をもって果敢に挑戦していく・・・そういう職人集団になりたい、と思っています。

谷端信夫 株式会社タニハタ 代表
          
谷端信夫

著書「世界に響け 職人の心意気」
(リックテレコム社)
書籍紹介ページはこちら









 

一覧へ戻る