タニハタのブログ 組子職人の日々

お問い合せ English site English site

欄間 三種組分らんま 富山

HOME > タニハタBLOG トップ

欄間 Blog 職人の日々

最高級の木曽ヒノキ(赤身)入荷しました。

木曽ヒノキ(赤身材)入荷しました。
現地の業者の方に<タニハタ組子用>として特別に選別していただいた木曽ヒノキになります。
木目、色味、質感・・・どの視点でみても現在日本でご用意できる最高級クラスの木材になります。(もちろん価格の面でも。。)

最近は組子に使用できるような良い木材が少なくなってきており、良材を探すのは苦労しますがこういう材料が手に入ったときはやっぱり嬉しいですね。うちの職人達も自然にこの桧のまわりに集まります。
木曽ヒノキ 桧
組子用の木材ではありませんが、2500年前の「神代杉」も入荷しました。秋田の鳥海山で産出したもので厚み120ミリもある神代杉は珍しいです。(サイズ:H2160ミリ×幅940ミリ×120)
神代杉特有の灰褐色の重厚な色味、大きな節、うねりのある木目・・・じっと見ているとまだ「日本」という国家が出来る前はどんな姿だったのだろう・・と想像してしまいますね。かなりの迫力です。

神代杉 タニハタ
夜、仕事をしていたら工場で飼っているネコ(名前:タオ)が入り口に座っていました。ロゴマークの横がお気に入りで最近よく座っています。木曽桧や神代杉の存在感に負けじと頑張っているようです(笑)

日仏友好160周年記念 「ジャポニズム2018」で組子を使用していただきました

2月5日から24日までフランスのパリ市とナント市で日本の伝統工芸に関する展示会が行われています。
そこの展示ブースにタニハタの組子欄間を使用していただきました。

イベント名:日仏友好160周年記念 ジャポニズム2018 公式企画
『「伝統と先端と」~日本の地方の底力~』

・日本の地方に根付いた伝統産業技術にスポットを当て、日本の地方が持つ知られざる魅力をフランス国内に発信するイベントです。タニハタの組子欄間(16種の組子文様)は、全国の伝統工芸品を展示する什器(展示パネル および天板)として使用いただきました。

(仏名:《Synergies entre tradition et modernité – l’artisanat local japonais à la pointe de l’innovation》)

ž

ž 期間:2019年2月5日(火)~2月24日(日)

(パリ会場)パリ日本文化会館(101 Bis Quai Branly, 75015 Paris)
(ナント会場) Cosmopolis (18 Rue Scribe, 44000 Nantes)

書籍「麻の葉模様」発刊されました

栃木県の那須町にある「大麻博物館」から書籍「麻の葉模様」が発刊されました。
タニハタのロゴマークにもなっています「麻の葉模様」は鎌倉時代の仏師、快慶の時代に誕生し、その後、江戸時代になり歌舞伎役者や葛飾北斎により普及したデザインと言われています。
(昨年末、大麻博物館館長に工場まで来ていただき、「麻の葉」に関する勉強会を開いていただきました。

麻の葉模様の歴史、文様の由来、デザインの使われ方など図解や写真、実例を挙げて詳しく書かれています。
発刊にあたりタニハタでも編集に協力させていただき、組子業界からみた「麻の葉」模様のことをお話しさせていただきました。

当社の他にも中川政七商店さん松竹衣装さんなどそれぞれの業界のお立場で「麻の葉」模様のことをお話しされています。
日本の伝統デザインのことを知るうえでも貴重な資料だと思います。
興味のある方はぜひ一読されてはいかがでしょうか?

JALの機内誌「SKY WARD」に掲載いただきました

・JALグループの国際線・国内線に搭載される機内誌「SKY WARD」にタニハタの組子を掲載いただきました。

・ホテルレストラン業界向けの業界誌 「HOTERES」にタニハタに組子を大きく取り上げていただきました。

どちらも11月に行ったホテル雅叙園東京様とのパリイベントの様子を取り上げていただきました。ありがとうございました。

香川県の小学校で組子の学習!?

高松にお住まいの網さんという職人の方からお便りをいただきました。
小学校の教員をされていたそうですが、3年ほど前に職人の世界に入られたとのこと。そのご縁で小学校にゲストティーチャーとして招かれ、組子細工について子供達と共に学習されているそうです。

今年度の6年生が作ったパンフレットにタニハタで製作した組子の写真などが含まれていたので掲載確認のお電話とFAXをいただきました。
画像を見ると立派な組子の紹介パンフレットになっており驚きました。
素晴らしい!

タニハタでも年に何回か小学生向けの組子ワークショップを行っていますが、中には「もっといろいろ教えてほしい」「もっと組子を製作してみたい」と言ってくる子供達も多く、気になっていました。私ももう少し落ち着いたら子供達に組子や木材やものづくりについていろいろ教えてあげたいなぁ・・と今回のお便りをいただいて思った次第です。

県外の小学生にも弊社のホームページが役立っていることを知り嬉しく思いました。
ご縁に感謝です。

建築誌「コンフォルト」で掲載いただきました

建築・インテリア誌「CONFORT コンフォルト」でタニハタを取り上げていただきました。全6ページの特集になっており、かなりのスペースを割いてタニハタの組子を掲載いただきました。

この本は、毎号特集テーマを設け住宅・商業施設・公共施設向けの内装材などの資料価値の高い写真や情報を掲載されている老舗の建築誌になります。
日本の生活がどんどん洋風になり、職人が減少していくとともに忘れさられていく日本の古い技術や意匠、言葉などにもこだわりを持って発信されている専門誌です。

ちなみに今回のタイトルは「和やかな普請」。

コンフォルト CONFORT 組子 タニハタ 特集

昨年亡くなった樹木希林さんがテレビで
「うちの家系は普請道楽(ふしんどうらく)なのよ。」という話しを聞いて、恥ずかしながら私も初めて「普請」という言葉を知りました。

家を建築したり修理したりすること、を意味する言葉でこの言葉が用いられるようになったのは室町時代から。

室町から江戸時代にかけて土木工事・武家屋敷の管理などにあたった「普請奉行」という役職も生じるようになった歴史のある言葉です。

「建築」よりも職人的でこだわりのある言葉ですね。

「和やかな普請」・・「空間」にそういう空気を作り出すことができる職人集団になりたい、とこの号を読んで思った次第です。

取り上げていただき心から感謝です。

読売新聞に掲載頂きました。

2019年1月11日付 読売新聞 朝刊 経済欄(全国版)にタニハタの組子が掲載されました。

■特集ページ「新時代カイシャ考」
昭和、平成、そして新時代と元号が変わる中、時代に合わせて姿を変えた会社、昔ながらのやり方を守った会社を取り上げ、新しい時代の会社のカタチについて考えるコーナーで取り上げていただきました。

カラー写真で経団連会館に設置させていただいた大判組子も掲載していただきました。

三井ガーデンホテル金沢様に美術組子を設置させていただきました。

今週末、金沢にオープンする「三井ガーデンホテル金沢」様のフロントロビーに大判寸法の美術組子を納入させていただきました。
新しいものと古いものが調和した「北陸の華やかで繊細な伝統文化」をイメージして組子製作させていただきました。

三井ガーデンホテル金沢 設置写真

三井ガーデンホテル金沢 組子拡大空からみた金沢の街がデザインのべースになっています。

三井ガーデンホテル金沢 組子設置かなり大きなサイズですが、分割製作して現場にて組み合わせ設置しています。

江戸時代から芸術、文化を大切に育んできた北陸ならではの美意識や趣きをお客様に感じてもらえたら嬉しいです。


三井ガーデンホテル金沢 組子欄間三井ガーデンホテル金沢 組子細工

宿泊に関するお問い合わせ
■三井ガーデンホテル金沢 様
石川県金沢市上堤町1-22 076-263-5531
https://www.gardenhotels.co.jp/kanazawa/

■設計・施工
株式会社 竹中工務店様

■内装施工
株式会社 J.フロント建装様

謹賀新年

新年あけましておめでとうございます。

平素はご愛顧を賜わり、厚く御礼申し上げます。
今年も製品の品質、サービスの向上に職人一同努めて参ります。
旧年に引き続き、本年もご支援、お引立てを賜りますようお願い申し上げます。
皆様のご健康とご多幸をお祈りし、新年のご挨拶とさせていただきます。

2019年1月1日 元旦

株式会社 タニハタ
代表取締役社長 谷端 信夫

当社は1月4日(金)から通常営業となります。

工場見学が続きました。

ここ一週間ほど異業種の方の工場見学が続きました。

●12月7日 富山市内で観光のお仕事をされている方達(宿泊業や鉄道、通訳、旅行代理店、観光ガイドの方など)総勢38名が来社されました。

富山で有名な観光名所(立山アルペンルートや宇奈月トロッコ電車、合掌造りなど)は富山駅から遠く、富山駅周辺で見るとうちのような伝統的なものづくり工場も観光ポイントになるようです。(工場は富山駅から自動車で10分ほど)
当社は特に専任のガイドスタッフがいる訳ではありません。
普段業務を担当している社員が工場内をご案内しますので、時間の都合上、10名以上の団体に限定して予約をお受けしております
個人の方のご予約、見学はお受けしておりませんのでご注意ください。

約1時間30分のうち30分は組子に関する説明、30分は組子製作体験、
最後の30分は工場見学になります。

来年度は、東京オリンピックに関わるホテルなどのお仕事がかなり入る予定ですので
なかなかお受けするのが難しい状況になるかもしれませんが、早めにご連絡(打ち合わせ)をいただければご予約は可能です。(12月15日現在2019年3月からご予約可能です。)

●12月11日 岐阜県関市から早川工業株式会社様 来社されました。

早川工業様は、岐阜県で家電等金属部品製造、プレス金型製造など金属関係の製造をされている会社様で女性スタッフの方と共に見学されました。(知人の紹介になります。)

木製品と金属製品という違いはありますが、ものづくりにかける情熱は同じで二時間ほど情報交換をさせていただきました。感謝です。


●12月12日 大麻博物館のスタッフが来社されました。


「大麻」というと「物騒な・・・」と当惑される方も多いと思います。しかし大麻という植物は、一万年以上前から日本人の生活に密着した「農作物」でした。

麻の繊維は、衣服に使用され、縄・釣糸・漁網などに使用されていました。

また、種は食料になり、茎は建材に使用され、葉や根は薬用に使用されました。

主要な作物であった名残は、「麻」と名がつく多くの地名や人名にも残されています。(地名としては麻布が有名ですね。)

麻はすくすくと成長が早いということから、縁起のよい植物としても扱われ、神道の世界ではその繊維を清めの道具として用い、伊勢神宮のお札は今でも「神宮大麻」と呼ばれています。
なぜタニハタが「大麻」のことを・・・と思われるかもしれませんが、タニハタのロゴに使用されている「麻の葉」マーク(商標登録済)に関する正しい知識を社員にもしっかり身につけてもらおうと大麻博物館の方をお招きして勉強会を行った次第です。ネット上には「大麻」に関する多くの情報が溢れていますが、正しい知識を持った方にお話しを伺うことが一番近道でもありますので。
予想以上に職人達から多くの質問がでてきたので、定期的にこういう勉強会をやっていこうと思いました。ひとつひとつ正しい伝統を社員全員で身につけていくことが重要だと思っております。

プロフィール

株式会社タニハタ 代表取締役社長 谷端信夫

代表取締役社長
谷端 信夫

株式会社タニハタは昭和34年に谷端組子店として創業しました。
創業以来、組子一筋でやってきました。モノづくりを極めようとする職人集団のブログです。
タニハタの歴史

最新のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  

twitter

facebook

HOME > タニハタBLOG トップ

 サイト内検索   www検索

製品 Kumiko Design List

組子欄間 間仕切り 店舗 タニハタ
店舗・ホテルなどの大空間に自由度の高い組子
麻の葉ちらし 組子 タニハタ
和文様の定番「麻の葉」を散らした幻想的な組子
組子障子 引き戸 格子戸 タニハタ
日本の伝統的文様を散りばめた格子の引き戸
美術組子 組子 タニハタ
各種文様を織り交ぜて製作するカスタムメイド

文様デザイン Kumiko Design List

文様デザイン 麻の葉
麻の葉
文様デザイン 胡麻
胡麻
文様デザイン 桜
桜
文様デザイン 蜀江
蜀江
文様デザイン 紗綾形崩し
紗綾形くずし
文様デザイン 井筒割菱
井筒割菱
文様デザイン 帝つなぎ
帝つなぎ
文様デザイン 三重菱
三重菱
文様デザイン 千本格子
千本格子
文様デザイン 枡格子
枡格子
文様デザイン 青海波
青海波
文様デザイン 七宝
七宝
文様デザイン 角麻
角麻
文様デザイン かさね竜胆
竜胆
文様デザイン 籠目
籠目
文様デザイン 三つ組手亀甲
三つ組手
文様デザイン 分銅輪つなぎ
分銅輪つなぎ
文様デザイン 積石亀甲
積石亀甲
組子文様デザイン比較 一覧
お客様の地域・空間・想いに合わせたデザイン 全18種
ミニ組子
ミニサイズで仕上げた自由度の高い組子

Information

タニハタ組子の特長
タニハタ組子の特長
環境と共に歩むモノづくり
環境と共に歩むモノづくり
Facebook
Facebook
納入実績
納入実績
ブログ 職人の日々
tanihata's Blog

Contents

お問い合せ
お問い合せ
資料請求
資料請求
業者会員様ページ
業者会員様ページ
東京・神戸ギャラリー見学 富山工場見学 製作体験
東京・神戸・富山
ギャラリー見学
「ねこ脱走防止とびら」販売窓口について
タニハタの登録商標
「麻の葉マーク」
書籍 世界に響け職人の心意気 谷端信夫著
BOOK
特注品 オーダーメイド オリジナル仕様 デザイン
TANIHATA

Copyright (C) 2012 TANIHATA. All Rights Reserved.

お支払方法