タニハタのブログ 組子職人の日々

お問い合せ English site English site

欄間 三種組分らんま 富山

HOME > タニハタBLOG トップ

欄間 Blog 職人の日々

講演のお知らせ

来週、10月16日(火)富山市にあるTOYAMAキラリにて講演を行います。(富山青年会議所様主催)
一時は消えそうになった伝統工芸がどのようにして息を吹き返したのか・・・
組子職人たちの具体的な取り組みや思いなども交えてお話しさせていただきます。

(ものづくり、職人、海外展開、これからの零細企業経営に興味のある方向けの講演内容になっています。)

下記から申し込み可能です。

http://www.toyamajc.or.jp/info/756.html



尚、1年に4~5回くらい県内外で講演させていただいてきましたが、今回の講演を持ちまして休止させていただきます。何卒よろしく御願いいたします。

講演活動休止のご案内
谷端

フランスの展示会に出展します

11月中旬、フランス国内でタニハタ組子の展示会を行います。
ストラスブールで展示会を行った3日後、パリ市内にて行います。
(展示会の詳細は、後日ブログ内にてお知らせいたします。)

現在、その準備を進めていますが、その展示会を行う予定のストラスブール市長(ローランリース氏)一行が来日されました。
目黒にある雅叙園ホテルさんから「懇談会があるので参加されないか?」と連絡をいただき、ホテルに行って「組子」のことや日本のものづくり、展示会の詳細を説明させていただきました。

ちなみにストラスブール市は次世代型路面電車「LRT」の先進国で、私が住む富山市もストラスブールを参考にして日本で初めてLRTを導入しました。このLRTを中心にして富山市は街作りが行われており、市内の雰囲気もパッと明るくなりました。

日本の反対側にある市ではありますが、「自動車に頼りすぎないエコな街づくり」という理念で繋がっていることに不思議な縁を感じた次第です。(そんなこともお話しさせていただきました)
「組子」のことにも大変関心をもっていただき、いろいろな質問を受けました。

「ストラスブールは美しい街ですので、いろいろな場所を見学して楽しんで行ってください」とお言葉をいただき、記念にストラスブールにある「ノートルダム大聖堂」のペーパーウェイトをいただきました。(タニハタ側から吉祥文様 「麻の葉」組子を全員に差し上げました。道中のご無事をお祈りして。)

ストラスブールでは職人による組子製作実演も行います。後日その様子も報告させていただきます。

ムスリムのための<祈祷室>に組子を納入させていただきました。

関西学院大学・西宮上ヶ原キャンパスにムスリム(イスラム教徒)のための祈祷室が設置されました。
その祈祷室内に組子引き戸を納入させていただきました。(上部に角麻が入っている引き戸になります。)
ムスリムといいますと、「イスラム文様」が有名ですが、「和」の文様の祈祷室でも問題ないようです。

組子欄間が設置された「和」の雰囲気の中で祈りを捧げてもらえるのは日本人として嬉しくも感じます。
ムスリムの学生・研究員は年々増加しているようで、当社の組子も今回2度目の納入になります。

ちなみに世界の宗教人口は・・・

1 キリスト教 22億5400万人 33.4%

2 イスラム教 15億0000万人 22.2%

3 ヒンズー教 9億1360万人 13.5%

4 仏 教 3億8400万人 5.7%

だそうです。 日本人は仏教が多いですが、世界的にみるとイスラム教よりも少ないということです。
タニハタでは、日本の神社仏閣に組子を納入したケースは多いですが、他の祈祷室に組子を納入するケースが多くなるのも必然かもしれませんね。

角麻 組子細工祈祷室製作 設置: 株式会社丹青社様

秋です。タニハタの工場前も色づいてきました。

今年の春、タニハタの工場・事務所前に花壇やオリーブの木を設置して半年が経過しました。
夏が暑かったので葉っぱが枯れ気味になり「こりゃイカン」と朝と夕方、懸命に水をやりましたが、何とか色づいてきました。

タニハタ組子細工工場前1
オリーブの実がなってきました。


オリーブの葉は、形が一定に整っていて美しいですね。
古代オリンピック(古代ギリシア)で健闘したものに贈られる「葉冠」はオリーブの木の枝から作られたそうです。

オリーブの原産地はギリシアですが、紀元前700年頃までは古代ギリシアにしかこの木は無かったそうです。その後イタリア半島に移植されて、現在イタリアがオリーブの主要生産地になりました。

ちなみにオリーブの小枝は、「富」を運んでくるものとして、家の入り口に飾られていたようです。
うちの工場にもたくさんの「富」を運んでほしい(笑)

工場前のアプローチのレンガはイタリアから取り寄せして敷き詰めました。

オリーブの木で作った花器です。オリーブの木材はあまり木材市場には出回っておらず材料としては珍しいです。 天板はウォールナットの1枚板です。

タニハタは「和」の製品を作っている会社ですが、「洋」の風合いもデザインに取り入れていきたいと思っています。そのさじ加減は難しいですが。

うちの工場ネコ(楽太郎)も、花が気になるのか・・・事務所前でウロウロしています(笑)

東京新宿・組子ギャラリー リニューアル完了しました。

約一ヶ月ほど展示品がない状態になっていました新宿御苑前にある<タニハタ組子ギャラリー>ですが、やっとリニューアル完了いたしました。

新仕様の組子や材料の確認をこのギャラリーでしていただくことができます。
(新カタログは来週から順次発送してまいります。)

日曜日と祝日は休業ですが、平日は9時から18時まで営業しております。
お気軽にお立ち寄りくださいませ。

組子タニハタギャラリー

組子タニハタギャラリー2

個人のお客様とのお取引につきまして

最近は、個人のお客様から電話、メール等で「特注デザインで製作してほしい」というお問い合わせが増えています。
弊社WEBサイト、カタログにも表記しておりますが、弊社では、個人のお客様との直接取引(特注品対応)は行っておりません。

(ただし、規格製品のカタログ発送、規格製品のご注文はWEBサイトページから承っております。)

個人のお客様で、組子特注品のお見積もり・購入をご希望の場合、必ずお近くの設計事務所、工務店・建具店様などの業者様にご相談ください

 

特注品になりますと・・

・<CADデータ>または<AIデータ>などデータ、図面でのやりとりが必要になり、
ITソフト、建築業界の知識や用語でのやりとりが必要になる。

・欄間以外にも敷居、鴨居などの造作材や設置に関する知識が必要になる。

上記の理由から直接取引を行いますと、製作ミスが発生する可能性も高くなり、また設置に関わる安全性も確保できない場合がございます。お客様にご迷惑をおかけする可能性があることからタニハタでは、個人様との直接取引は行わないシステムとなっております。

※業者のお客様で弊社との直接取引をご希望される方は、業者会員ページより会員登録後お問い合わせいただきますようお願いいたします。
登録時間は1分ほどで終わります。
いろいろお手数をおかけして申し訳ありませんが、何卒ご理解賜りますようお願いいたします。

組子細工 大工道具※特注品の打ち合わせには、建築の知識が必要になります。

タニハタ <組子らんまカタログ>最新版 もうすぐ完成します。

最新版「組子カタログ №3」がもうすぐ完成します。(2018年9月18日より配布予定

今回改定の内容は・・・

1 外国産木材(ベイヒバ、スプルス)を取りやめ、国産木材のみの対応になりました。最高級グレードの木材に「吉野杉 赤身」を追加。(木曽ヒノキ 源平材と同価格になります。)

2 マス目のサイズ、従来の<標準タイプ>に加えて、<大柄タイプ>を設けました。

左 標準マス目                     右 大柄マス目



3 ・欄間に新文様「帝つなぎ」を追加。
・「千本格子」と「蜀江」がより強度の強いデザインに生まれ変わりました。

4 新商品「組子ちらし 全6種」を追加いたしました。

5 引き戸に新デザイン「帯分け」タイプを追加いたしました。

新カタログ完成に合わせて、東京ギャラリーも現在改装中です。
(9月14日にリニューアル完成予定。)

これからもタニハタは、伝統木工技術「組子」の新しい世界を広げていきます。

新商品「麻の葉ちらし 全六種」を発売します。

和文様の定番である「麻の葉」を幻想的な風景の中に散らし、華やかで透明感のある組子に仕立てあげたタニハタの新商品「麻の葉ちらし」シリーズを発売します。

(9月13日より受注開始となります)

●従来の組子製品との違い
・吉祥文様「麻の葉」をパネル全面に埋め込んだ「麻の葉ベタ入り」のタイプよりも
より華やかで装飾的なデザインになります。
国産のヒノキをベースに、杉の赤身部分で柄の色づけを施しています。(無塗装)
均一で無機質になりがちな現代空間のアクセントとしてご使用いただけます。

・設置空間に合わせて100%オリジナルで製作する「美術組子」は、デザインの打ち合わせに数ヶ月かかる場合もあり、またコストも「麻の葉ベタ」と比較し2~3倍以上に
なることがあります。今回発売する「麻の葉ちらしシリーズ」は、規格のデザインを六種類に絞り込み打ち合わせ時間、コストを短縮することをめざしました。

納入時間やコストが限られた商業施設におすすめの組子欄間になります。

・「麻の葉ちらしシリーズ」六種のデザインはすべてタニハタのオリジナルデザインになります。
麻の葉マークはタニハタの登録商標です

ヒノキの産地に木材の買い付けに行ってきました。

9月から組子の主材料を国外産から国内産木材に切り替えるために、ストックを増やす必要がでてきました。
木曽近くにある木材業者にヒノキ材の買い付けに行ってきました。

質の良いヒノキと杉が、山ほど積まれていますが、<組子用>で厳選して探しますと・・・
あまり多くはありません。。  上記のヒノキを4~5山購入しました。

「競り」で購入するシステムですので、人気の木材にはたくさんの人が連なります。

タニハタでは使用しませんが、建築用の大きなケヤキやヒノキ材も並びます。

紫の木材「パープルハート」も1枚だけ購入しました。美術組子の色付けに使用します。
タニハタ組子のメイン材料は、国内産木材に切り替えしますが、組子の色付けには国外産木材も少しだけ使用します。さすがに日本にはこういう木材は自生しないので。。

総じて、ヒノキの産地だけあってかなり質の良い材料を仕入れることができました。
良い木材が工場に入ると、嬉しい気分になります。職人の本能ですね。

テキサスのTrend Micro 社に組子欄間を納入させていただきました

昨年9月、アメリカ・テキサスのTrend Micro 社に組子欄間を納入させていただきました。その設置写真が届きました。
(写真は少しわかりにくいですが、窓際に麻の葉欄間37枚が設置されています)


トレンドマイクロ社はコンピュータ等のセキュリティ関連製品の開発・販売を行っている会社です。(ウィルスバスターというセキュリティソフトが有名ですね。)

過去タニハタでは、アップル社やツイッター社にも組子欄間を納入させていただきましたが、IT関連の会社と組子欄間・・・なぜか相性が良いようです。

海外にも通じる和モダンな幾何学模様・・という捉え方なのでしょうか?

このご縁で重役の方からも組子引き戸をご注文をいただき、カリフォルニアに先月
お送りさせていただきました。

感謝です。

プロフィール

株式会社タニハタ 代表取締役社長 谷端信夫

代表取締役社長
谷端 信夫

株式会社タニハタは昭和34年に谷端組子店として創業しました。
創業以来、組子一筋でやってきました。モノづくりを極めようとする職人集団のブログです。
タニハタの歴史

最新のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

twitter

facebook

HOME > タニハタBLOG トップ

 サイト内検索   www検索

製品 Kumiko Design List

組子欄間 間仕切り 店舗 タニハタ
店舗・ホテルなどの大空間に自由度の高い組子
麻の葉ちらし 組子 タニハタ
和文様の定番「麻の葉」を散らした幻想的な組子
組子障子 引き戸 格子戸 タニハタ
日本の伝統的文様を散りばめた格子の引き戸
美術組子 組子 タニハタ
各種文様を織り交ぜて製作するカスタムメイド

文様デザイン Kumiko Design List

文様デザイン 麻の葉
麻の葉
文様デザイン 胡麻
胡麻
文様デザイン 桜
桜
文様デザイン 蜀江
蜀江
文様デザイン 紗綾形崩し
紗綾形くずし
文様デザイン 井筒割菱
井筒割菱
文様デザイン 帝つなぎ
帝つなぎ
文様デザイン 三重菱
三重菱
文様デザイン 千本格子
千本格子
文様デザイン 枡格子
枡格子
文様デザイン 青海波
青海波
文様デザイン 七宝
七宝
文様デザイン 角麻
角麻
文様デザイン かさね竜胆
竜胆
文様デザイン 籠目
籠目
文様デザイン 三つ組手亀甲
三つ組手
文様デザイン 分銅輪つなぎ
分銅輪つなぎ
文様デザイン 積石亀甲
積石亀甲
組子文様デザイン比較 一覧
お客様の地域・空間・想いに合わせたデザイン 全18種
ミニ組子
ミニサイズで仕上げた自由度の高い組子

Information

タニハタ組子の特長
タニハタ組子の特長
環境と共に歩むモノづくり
環境と共に歩むモノづくり
Facebook
Facebook
納入実績
納入実績
ブログ 職人の日々
tanihata's Blog

Contents

お問い合せ
お問い合せ
資料請求
資料請求
業者会員様ページ
業者会員様ページ
東京・神戸ギャラリー見学 富山工場見学 製作体験
東京・神戸・富山
ギャラリー見学
「ねこ脱走防止とびら」販売窓口について
タニハタの登録商標
「麻の葉マーク」
書籍 世界に響け職人の心意気 谷端信夫著
BOOK
特注品 オーダーメイド オリジナル仕様 デザイン
TANIHATA

Copyright (C) 2012 TANIHATA. All Rights Reserved.

お支払方法