タニハタブログ Blog

組子らんまを作る会社<タニハタ>の日々の出来事、その思いをブログで綴ります。

木曽檜(きそひのき)の赤ムジ・柾平材 入荷しました。

日本最高峰の木材、木曽檜の赤ムジ・柾平材 入荷しました。
最近は国内ブランド木材を使った仕事が増えてきました。
(今月だけで3件、組子建具の注文がありました。)

DSC_02261.jpg

木曽檜は伊勢神宮や名古屋城の本丸、神社仏閣の建築素材、神棚にも使用されています。
独特の高貴な香りがします。
木目がまっすぐに通った建具用ですのでこれ以上の木材はありませんが、タニハタではこれをさらに厳選して組子欄間に使用していきます。
和風建具や縁起を気にする方にはやはり木曽檜は、最もおすすめの木材かもしれません。
(個人的には木目が美しい秋田杉も好きです。)

上記のような良材になるほど高騰する傾向があり、なかなか良い材料も入手できなくなっていますが当社では極力、最高の部分を使用するようにしています