タニハタブログ Blog

組子らんまを作る会社<タニハタ>の日々の出来事、その思いをブログで綴ります。

木村秋則氏の講演に行ってきました。

今、公開中の映画「奇跡のリンゴ」のモデル、木村秋則氏の講演を聞きに福井県まで行ってきました。


当社は食品・農業関係の仕事ではありませんが、難しいとされるリンゴの無農薬栽培に成功されたこの方のことは、テレビや書籍で拝見して存じ上げておりました。

「一体 どんな方なんだろう・・」

過去いろいろな方の講演を聞きにいっていますが、有名な方ほどイメージと実際はギャップがあることが多く、最初は少し恐る恐る・・てな感じでした。

 13時30分から17時まで・・途中休憩をはさみながら、「ローマ法王に米を食べさせた男」の高野 誠鮮氏とのディスカッションなども含めて、あっという間の三時間半。

「無農薬」ということが大きく取り上げられていますが、私自身感じたのは、この方のテーマは「愛」なんです。

少し宗教的な感じがしたのも、無農薬とか安全とか有機農業とか、そういう次元ではなく
愛情をもって、自分のもっているすべての力を使って 人を育てよう・・ ものをつくろう・・作物を育てよう・・

数字、損得のために、(効率よく作物を作るために)、大切なものを犠牲にするのはやめよう。そう言っておられるのです。

神様の一歩手前みたいな位置におられる方だ・・と感じました。

(久しぶりに人に感動。。)

木村さんが、リンゴやリンゴの木に話しかけるシーンが映画で何度もあります。

「自分の子供が寒いといったらどうしますか? 親だったら暖かい服を着せてあげるでしょ。

大きな機械、重機でリンゴ畑を走ったら、リンゴの木は足を踏まれて痛がるでしょ。

りんごや野菜が自分の子供だったら・・
そう 自分の子供とおもって育ててるだけなんだよ~。だから話しかけるんだぁ。」

笑いながら私達に話しかける木村さん。

凄い人間力だ。。

今、話題のTPPについても
「賛成でも 反対の立場でもないんだよ。
世界に誇れる安全な無農薬野菜を作ればいいだけ。そしてそれを世界に売り込むんだぁ~(笑)」

その笑顔につられて会場中の皆が、笑顔になります。

 「未来へつなぐ」

という言葉が講演中に何度も出てきますが、私達は、長い長い人類の歴史の中の
ほんの一瞬、参加しているだけの存在。。。

昔の人達が大切に育ててきたもの、つないできたものを、磨き上げ、次の世代に伝えていく義務が私達にはあります。(私も歳のせいかそんなことばかり考えます。)

私達の生きる理屈で「負の遺産」を次の世代に残さないこと。

木村さんはじめ、この無農薬野菜に挑戦される方達は、その役割を意識して、七転八倒されながらもしっかり前を向いて行動しておられます。

久しぶりに、魂をゆさぶられる講演を聴きました。

映画、本を観ていない方はぜひ、ご覧ください。