タニハタブログ Blog

組子らんまを作る会社<タニハタ>の日々の出来事、その思いをブログで綴ります。

繊細な組子をダイナミックに表現する方法

当社の欄間デザインの種類の中に「三種組分柄:さんしゅくみわけがら」というものがあります。
桜・胡麻・麻の葉の三種類デザインをパネル全面に散りばめて組み分ける仕様で、空間に豪華な印象を与えることができます。
胡麻部分に神代杉や秋田杉を使うことで、メリハリのあるデザインになります。

最近は、この三種組分柄の引き合いが多く、いろいろな場所に使用されています。下記の写真は、中東のレストランで使用される欄間です。

下記は、中国地方のリゾートホテルで使用される組子欄間です。


複数枚で使用されると一段と華やかな印象になりますね。細かな納まり、繊細さが売りの組子技術ですが、組子の入れ方を工夫することでダイナミックに表現することが可能です。