タニハタブログ Blog

組子らんまを作る会社<タニハタ>の日々の出来事、その思いをブログで綴ります。

最高級の木曽ひのき材 本日入荷しました。

木曽ひのきは、伊勢神宮や出雲大社、法隆寺など日本でも有名な神社仏閣に使用される木材で日本人に長く愛されてきた木材です。希少価値が高く、木材屋さんならどこでも扱っている、という材料ではなく、購入ルートは限定されます。

その木曽ひのきの中でも、さらに厳選した組子用の「赤ムジ」を当社では、年に数回地元の木曽から購入しております。 今回購入した木曽ひのきも最高級のものではありますが、年々価格が高くなってきているのが気になるところです。。

木曽ひのき独特の美しい質感、素直な木目、高貴な香り・・・

この木材をみるたびに、材料に恥じない仕事をする会社であり続けたい、と身が引き締まる思いがします。