タニハタブログ Blog

組子らんまを作る会社<タニハタ>の日々の出来事、その思いをブログで綴ります。

組子欄間と光の関係

先日製作させていただいた組子欄間・三種帯組分欄間の設置写真(和食店)が届きました。
背面から照明を当てて綺麗な感じで組子が浮かびあがっています。

 

特に「照明を欄間に当ててください。」と当社でPRしているわけではないのですが、
最近は皆さん、組子欄間の使い方をわかっていらっしゃる方が多い(勉強されている?)ので販売する方としては、本当に助かります。

背面だけではなく、下写真のように正面から光が当てると欄間の木の質感やら色みがしっかりでてくるので、それはそれで組子の良さを満喫していただけると思います。
光の加減、使い方により組子の表情は大きく変わります。
 組子を上手に使うには「光」がとても重要な役割を果たします。

これから使用される方は参考にしていただければと思います。

 

設置先

和食 万松様
住所 〒460-0011 愛知県名古屋市中区大須3-27-8
電話番号 052-241-2914