タニハタブログ Blog

組子らんまを作る会社<タニハタ>の日々の出来事、その思いをブログで綴ります。

NHK「デザインあ」で組子が放送されます。

NHKEテレ(教育テレビ)で放送している<デザインあ>という番組にタニハタの組子が登場します。
(といっても編集内容がわからないのでどういう映り方をしているのかわかりませんが。。)

4月26日(水曜日)朝7時25分~放送予定です。

http://www.nhk.or.jp/design-ah/

——————–
下記 番組HPより

デザインには、商品デザイン、工業デザイン、グラフィックデザイン、衣装デザイン、キャラクターデザイン、建築デザイン、音響デザインなど様々な分野があります。
そこに共通する目的は、観察や洞察によって物事の本質を見つけ出し、アイディアや工夫を加えて、さらなる使いやすさだったり、美しさだったり、心地良さを生み出すこと。

つまり、デザインとは、人とモノ、人と人を「より良くつなげる」ための観察・思索・知恵・行動のプロセスです。
「デザインあ」は、私たちの身の回りに当り前に存在しているモノや空間をデザインの視点から見つめ直すことでデザインのおもしろさを発見してもらい、「デザイン的思考」を育むきっかけとなる番組です。

———————
なるほど・・
素晴らしい番組コンセプトですね。
私も年に何度か地域の子供達と組子製作体験を一緒にしたりしていますが、
工場に入ってワイワイとしていた子供達も、組子の体験が始まると一斉に静かになり、目が輝きだすのがわかります。

一気に組みつけをする子供。
じっくりいろいろな組み方を考える子供。
友達と相談しながら組み方を考える子供。
組み付けた組子をいろいろな角度でじっくりと眺める子供。(何に使うか妄想?)

どれも正解ですね。そして最後は皆、笑顔。

番組のコンセプトにある<観察・思索・知恵・行動>のプロセスは重要で、子供が大人になり自分の思い通りにいかない時、「壁」を乗り越える力にも繋がると思います。 デザインは、「世界」をハッピーにする原点なのだと私も思います。

私も小さい頃、こんな番組をみていたらもっとさわやかな笑顔になれたかな(笑)
素晴らしい番組です。
子供向けですが、大人の方もぜひ見ていただきたい番組ですね。