タニハタブログ Blog

組子らんまを作る会社<タニハタ>の日々の出来事、その思いをブログで綴ります。

中学生の組子製作体験(5月)

5月は富山県外から中学校・二校の工場見学がありました。
----------------------------------

5月31日、福井県足羽第一中学校の生徒さん30名が来社されました。
富山、組子の歴史についての講演(30分)、組子製作体験(30分)、工場見学(30分) 1時間30分のフルコースとなりました。

福井県足羽第一中学校 組子ワークショップ
福井県足羽第一中学校 組子工場見学
福井県足羽第一中学校 富山のモノづくり SDGs


木材や組子のこと、富山のものづくり、タニハタが取り組むSDGsについてお話しさせていただきました。勉強する姿勢が大変素晴らしく、真剣にメモをとっている姿にこちらも少しタジタジになりました。。。

最初は少しかたい表情でしたが、組子体験が始まるとワイワイとした雰囲気に。
帰るときにはみんな「楽しかった~」と言ってくれたのでホッとひと安心しました。

---------------------------



5月19日、大阪府枚方市立招堤北中学校の生徒さん7名が来社。

SDGs探求学習として北陸で色々と体験をされたと伺いました。

ライトレール(路面電車)を使って、近くの駅で降り そこから歩いて工場にお越しいただきました。

公共交通機関を使用することにより、生徒さん自らがSDGsを体現されており本当に素晴らしいことだと思いました。

組子細工 中学生 SDGs 工場見学

今回は弊社が取り組んでいるSDGsについて中心にお話をさせていただきました。

最後の質問の時間でもSDGsに関する質問が多くあがり、日頃からよく勉強しておられる様子が感じられました。

組子細工 中学生 SDGs 製作体験

組子製作体験では、先に出来た人が周りに教えながら、和気あいあいとした雰囲気で行いました。

探求学習を終え、先生よりいただいたメッセージでは「また富山に来たい!」「あんな企業に勤めたい!」と生徒さんが言っておられたと聞き、
大変嬉しく感じました。今後も少しでも組子のことを知って、興味を持っていただけるよう努めていきたいと思います。

株式会社タニハタ 西川