タニハタブログ Blog

組子らんまを作る会社<タニハタ>の日々の出来事、その思いをブログで綴ります。

暗い灯りの下にある「美」の世界を楽しむ

2週間前、東京出張した際に撮影したコンビニ内の写真です。

P1020798.jpg

今もこういう節電が行われているのかどうかわかりませんが、外から見ると営業しているのかな?と思うくらい徹底した節電で思わずパチリとしてきました。

ピカピカの照明に慣れていた現代人は、暗い照明に違和感を憶えるようですが、私はこの暗さで充分だとおもっています。

それでも明るい空間が良い!と考える方はぜひ、谷崎潤一郎著「陰翳礼讃(いんえいらいさん)」を読んでみてください。

<日本の伝統美>を語るうえに欠かせない名随筆として有名な作品です。
私は5年前にこの本を読んで「照明」「デザイン」「組子」の見方、考え方ががらりと変わりました。

日本で失われてしまった「陰翳」「ほの暗さ」の魅力について書かれています。

昔の日本家屋には、暗い灯りの下にこそ存在する「美の世界」がありました。

それが<陰影を消すことに執着した西洋文化>が日本に入ってきて眩しいくらいの明るい光こそ<豊かな暮らし>の象徴と考える現代人が増えました。

しかし、本当にその生活でいいのかどうか・・・

「電気」「灯り」が問題になっている今だからこそこの名著を読むことをおすすめします。

70年以上も前に書かれたこの本が「輝き」を放って現代に蘇る驚き・・・

電気が少し使えなくなるだけでオロオロになる現代人こそ読むべき本だと思います。

こういう日本の文化、考え方を大切していきたいと心から思います。

DSC00011.jpg