タニハタブログ Blog

組子らんまを作る会社<タニハタ>の日々の出来事、その思いをブログで綴ります。

製品の修理について

先週、宮城県岩沼市(仙台空港近く)のお客様から3年前に購入された当社の組子スクリーンの修理依頼をいただきました。

3年経過した商品は通常、実費修理代をいただくのですが、東北被災地のお客様には無償で修理対応させていただいております。
(本日、お客様よりお礼の手書きFAXをいただきました。)
3月の震災から今回で修理依頼は3件目になります。

組子スクリーンは今年で発売して10年を迎えました。(11年目)
生産数量は10年で3万7500枚を超えました。

損得で考えると無償修理は「損」ということになりますが、
震災被害の大きさを考えますと本当に小さな小さな「損」だと思います。

代わりに若い職人達に「痛みを分かち合う気持ち」 本当の「職人魂」を持ってもらえたら・・・そう思っております。

img1015907891.jpg