タニハタブログ Blog

組子らんまを作る会社<タニハタ>の日々の出来事、その思いをブログで綴ります。

ソウルの無形文化財、沈龍植氏の工房にお邪魔しました。

ソウルの無形文化財、職人・沈龍植氏の工房にタニハタの職人たちでお邪魔しました。
沈さんは韓国で40年の間、韓国の伝統的な格子窓、建具の製作を続けてこられた方です。

韓国の伝統的な建築物の建具製作、李王朝の王室部屋の建具の他にぺ・ヨンジュン氏の家の建具製作実績がある方です。

訪問した時間は、数人の生徒さんたちに組子技術を教えておられましたが(技術伝承にも力を入れておられます)突然の訪問にかかわらず、気さくにタニハタの職人たちの質問に答えていただきました。

(普段、お住まいされている住宅の中まで見学させていただきました。)

525.jpg
P1030265.jpg
P1030280.jpg
P1030281.jpg
素材の使い方や組み付け技法、意匠など微妙に日本とは違う部分がありますが、どの品も仕事は丁寧で心を込めて製作しているのがよくわかりました。タニハタの職人たちも目がキラキラと輝き、それをみて私もまた嬉しくなった次第です。

沈さんや奥様から「日本に行った際にタニハタの富山工場にも寄りたい」との言葉をいただき、お互いの交流を約束して別れました。

—————

その他 古い王宮建物、王室の部屋などを皆でまわり、韓国建具の仕様を確認しました。
最近タニハタでも中国格子の製作問い合わせも多く、今回の研修でいろいろなわからない部分を確認することができました。
実のある韓国研修でした。

P1030241.jpg
P1030251.jpg