タニハタブログ Blog

組子らんまを作る会社<タニハタ>の日々の出来事、その思いをブログで綴ります。

イギリス・チェルシー・ハーバーに日本の伝統工芸「組子」を展示しています

イギリス テムズ河に面した「チェルシー・ハーバー」と呼ばれるエリアの入り口には、インテリア関連メーカーのショールームが入っているビル「チェルシー・ハーバー・デザイン・センター」があります。

インテリア業界のショールームビルとしては世界的に有名なビルです。

そこのショールームの中にタニハタの「組子」がサンプル展示されています。少しずつですが問い合わせや販売実績も出てきております。日本の伝統工芸の関心も高まっているようです。

 Chelsea Harbour Design Centre

Centre Dome 1F
David Seyfried Showroom

ぜひ、イギリスに行く機会がありましたらタニハタの組子をご覧ください。

海外からのお問い合わせについて