タニハタブログ Blog

組子らんまを作る会社<タニハタ>の日々の出来事、その思いをブログで綴ります。

映画「火天の城」 全ての職人に観ていただきたい映画です。

久しぶりに映画を観てきました。
西田敏行主演の「火天の城」。

熱田の宮大工(職人)が織田信長の安土城を建てる話しです。

戦国時代というと侍が主人公の映画がほとんどですが、
「職人」が主人公という映画は珍しいので前々から観たいと思っていました。

映画は冒頭、職人の<鉋がけ>のシーンから始まります。

そこから一気にラストまで夢中で映画を観ました。

●製品・作品を使う人のことを考えて作る「気遣いの心」

●職人の(仲間同士の)心意気、職人魂

●素材・自然に対する感謝・畏敬の心

上記の「心」の大切さを説きながら話しは進んでいきます。

当社の職人達のために作られた映画では?
とおもうほどに「なるほど・・・」と思うシーンがいくつもありました。

 

自分の命をすり減らして、素材や道具、仕事に接してきた昔の職人達、
つい数十年前まで当たり前にいた職人達ですが、いろいろな環境の変化からこういう職人達の数やその「心」を持った人達が消えている現状があります。

モノ作りにたずさわる人以外にもぜひ観てほしい映画です。