タニハタブログ Blog

組子らんまを作る会社<タニハタ>の日々の出来事、その思いをブログで綴ります。

神社に麻文様の欄間を設置させていただきました。

高岡・射水神社様に設置させていただいた麻の葉入り欄間の写真が届きました。
背面から照明を入れていただいて綺麗な組子の柄が浮き出ています。

昔は披露宴会場の上座には金屏風が定番でしたが、最近はそうでもないようですね。
今回のケースのように組子欄間を上座に設置されるケースが増えてきています。

組子欄間 麻の葉ベタ 神社背面組子欄間 麻の葉 神社 披露宴入り口

「麻」は神事に使用されてきた素材で、そのために「麻」模様は魔除けのデザインとしても知られており、今回のような現場の欄間には最適な文様だと思います。

大切な部分を残しながら「和」のカタチも生物のように時代に合わせて少しずつ変化して生きのびているんだなぁ、と最近感じます。

古典にこだわり過ぎず、古典を繋ぐ。

柔軟な姿勢で常に仕事をしていきたいと思います。
射水神社様 ありがとうございました。

現場名:越中総鎮守一宮 射水神社様
設計:有限会社エッグクリエーション様
施工:株式会社北陸建材社様

麻の葉ベタ入り欄間